Chut!のデザイナーYのものづくりの舞台裏

ものづくり,映画,下着

Vol.26

ランジェリー関係ない
ヨーロッパガイド

Happy New Year! デザイナーYです。今年もChut!をよろしくお願いいたします。 …と言いつつ1月もすでに半ば。いつもの私ならこの時期は日本にはいない。なぜならヨーロッパ出張に行っているから。そう、パリ国際ランジェリー展(Salon International de la Lingerie) インターフィリエールパリ資材展( Interfiliere Paris)です。
今年は残念ながらこの2つのランジェリー展はどちらもオンライン開催になったので東京からオンラインで参加予定。それはそれで楽しみではあるけれどやっぱり私は情報はネットより自分の足で探して目で見て手で触れて…というリアル派なので早く海外に行ける日を待ち望むばかり。そこで今回は1年前の私がヨーロッパで何を見てきたかを残しとこっかなと思いついた。1年前のヨーロッパレポートしかもランジェリー情報なし!え?

前回も書いたけど21SSのシーズンテーマは本当はちょっと違うことを考えていた。それが何かというと「サステイナブルを楽しく、おしゃれに」(=「楽しく」からの「Pleasures」だったわけ) なぜそれを考えたかというと、ランジェリー展で見た素材やコンセプト、トレンドでSDGsと正面から向き合った素晴らしいものがたくさんあってそれに影響を受けたのはもちろんなんだけど、パリに入る前に立ち寄ったアムステルダムとロンドンのヴィーガンカフェの自由さと楽しさに本当に驚いたから、というのが実は大きい。

最初に言っておくと私は肉食。この世で一番好きな食べ物は生の肉で羊と豚と牛がすき。命あるものを食べないと生きていけないというのは人間が持って生まれた原罪だと思っているのでそこは肉も魚も草も一緒だと思っている。なのでなんでも食べるしヴィーガンにはなれない。もちろんヴィーガンを否定はしないけど肉が好きなのでヴィーガンカフェなんて基本的には縁がない。私がアムスでヴィーガンカフェに入ろうと思ったのも単にお店が可愛かったから。そしたら超驚いた。イメージ=偏見、からの価値観~!!ってかんじ。

私が今更言うほどのことでもないけどヨーロッパのエシカルやオーガニック、ヴィーガンに対する意識は歴史も長いがものすごいスピードで進化している。そしてこっちでは全然特別なものではない。だからサステイナブルと聞いても特定のイメージに囚われず楽しく取り入れていけたら良いな、というのを考えていた。結果それは前回書いた時代の流れの中で「楽しさ」の部分がフォーカスされて今の21SSコレクションになって行くのだけど。

ということで以下がデザイナーYおすすめアムステルダムとロンドンのヴィーガンカフェです。わくわくしながら見てね。ランジェリー出てこなすぎてごめんなさい笑

VEGAN JUNK FOOD BAR(Amsterdam)  ☞


今回のヴィーガンカフェめぐりのきっかけになったお店。名前の通りオールヴィーガンのジャンクフード。たしかDaddy McChik'n ていうチキンバーガーを食べました(マックチキンてw) 店内がピンクとブルーでとんでもなくばえばえのばえって感じ。見た目重視かと思いきや味も超おいしくて店員さんもメイクとかみんな強めで可愛くて本当に衝撃を受けたお店。
ものづくり,映画,下着

Meatless District(Amsterdam)  ☞


名前だけ聞いたら普段の私なら全く行きたくない店(肉がないなんて)。たしかチーズバーガーを食べました。 肉じゃないのに美味しいんだけど!? ってのはもちろんなんだけどお店が本当におしゃれで。濃いブラウンの木目×グリーンの椅子や植物×黒の窓枠やアイアンのアクセント…本当に好みのインテリア。
ものづくり,映画,下着

McDonalds Schiphol Airport(Amsterdam)  ☞


マクドナルドのスキポール空港店。たしかChicken Veggieを食べました。アムスのマックはVeggie Chickenのメニューが3個くらいあった記憶。味も食感も完全にチキンマックナゲットでびっくり。あと値段の高さにもびっくり。ポテトとソーダのセットで13ユーロもした…マックで1700円…。
ものづくり,映画,下着

By Chloe(London)  ☞


白と黒が基調のおしゃれなファストフード店ってかんじ。CLASSIC BURGERとTree Nuts Milkのカフェラテ。これまた肉じゃないの?ってくらい普通のハンバーガーで美味しかった。ラテはふつう。高校生や大学生らしき女の子たちもいっぱいいてこの年齢からこういう選択肢があるのか…と時代の流れに衝撃を受ける。。
ものづくり,映画,下着

Rudy’s Dirty Vegan Diner(London)  ☞


カムデンのVeganダイナー。Vegan Saloin Steakをたべたらステーキというよりハンバーグ。フェイクミート感がやっぱりぬぐえずハンバーガーにすればよかったなあと隣の席の人を見ながら思っていたw フェイクミートはステーキみたいな素材を味わうものよりナゲットやハンバーグみたいな加工品のほうが美味しそう。
ものづくり,映画,下着

UNITY DINER(London)  ☞


大好きな木×黒×グリーンのアクセントというおしゃれな店内にtattooだらけの腕がクールな男性スタッフ。一番肉っぽいのはどれ?と聞いておすすめされたホットドッグを食べました。ちょっと柔らかいおいしいソーセージでこれ肉じゃないならいったい何からできてるの?と不安になるレベル(SoyとProteinって言ってた)
ものづくり,映画,下着

早く自由に海外に行けるようになりますように…!


現在登録されている商品はありません。