Chut!のデザイナーYのものづくりの舞台裏

ものづくり,映画,下着

Vol.28

あたしのサステナビリティ

デザイナーYですこんにちは。エコとかリサイクルという耳慣れた言葉に加えてサステイナブルという言葉が出てきてはや数年。意識してないわけじゃないけど本気で取り組んでる人からみたら私なんてまだまだ赤子みたいなもんですが、でも今回はこのことについてちょっと書こうと思う。

Chut!でもサステイナブルへは真摯に向き合っているつもり。もちろんこれは単なるトレンドでも施策でもなくてブランドとして今後どう向き合っていくかというフィロソフィーの問題なので簡単なことでない。商品開発にあたってもリサイクルファブリックを使う、オーガニック素材を使う、プラスティック排除、みたいな安易なことはしたくないというのが根本にある。その裏側にあることまできちんと理解したうえでやるなら良いと思うのだけど、私がランジェリーデザイナーという仕事で素材や生地、さらには糸にまで踏み込んだ開発や生産背景を学ばせてもらった中で、世間で「良い」とされているものが本当に良いのか?と思う場面に何度も直面してきた。今のサステナビリティについても色々思うことがある。

まずオーガニックコットン。ちゃんとしたオーガニックコットンを作るために畑を何年もかけて畑自体をオーガニックにしなければならなくて認証を取るのにも時間がかかる。そのあいだその農家の人たちは畑で作物が作れないし、化学肥料を減らすことでちゃんと育たない綿花の比率が上がって結果的に収穫量は減ることがほとんど。何も作れない準備期間と収穫量が安定するまでは収入が減ってしまう農家の人たちの苦労と苦悩。オーガニックと呼ばれるものを作り出すための裏側を見てから私はオーガニックコットンという単語を目にしてそれがとてもお安いお値段だったりすると色々と考えてしまうようになった。何かを生み出すためにどこかで別の誰かが苦しむ、というのは私はサステイナブルだとは思わない。

そしてリサイクルファブリック。ペットボトルが原料となる素材を作るために今はリサイクル用ペットボトルが生産されているというのを生地メーカーさんから聞いてリサイクルファブリック=サステイナブル、素晴らしいって感じるまえに色々考えてしまう。これは本物のリサイクル?本当にエコ?

プラスティックについて。プラスティックボトルからガラスボトルに変えようかと検討している中でシミュレーションしたら、ガラスボトルに変更すると重くなるから一度にパッキン(箱詰め)できる量が減ってしまい結果パッキンが増えて箱材が増えてしまうとか、そのパッキン数が増えるぶん輸送の回数が増えて輸送に必要とされるエネルギーや排出されるCO2量も増えてしまうから結果的にガラスボトルに変更するのは止めた、というヨーロッパの某老舗コスメブランドの話を聞いたときにはとても冷静で素晴らしい判断だと思った。プラスティック自体は決して悪ではないと私は思う。その捨て方や処理のしかたが問題なのだ。

オーガニックやリサイクルはそれを作り出す過程で普通に生産するより時間も手間もかかるからその分値段が高くなる。当然だ。それが使う側、買う側にもいつもより高いお金を払ってでも得られるメリットがあるならば良いと思う。オーガニックはわかりやすいから良いよね。リサイクル素材は正直そのへんがわかりにくい。リサイクルです、エコです、だから値段上がります、は私はやりたくない。使用感が変わらないなら値段は上げたくない。値段あがるけどそのぶんこういうメリットありますよ、あなたに!ってのがいいなと思う。難しいけど。

そんな我々の小さなエコ活動はまずすすぎのいらない洗剤ユーカランのおすすめ。水質汚染防止につながるエコフレンドリーな洗剤。ランジェリーにも地球にもやさしいお洗濯をね。
あとは忘れちゃいけないブラリサイクル。裏事情を明かすと回収したブラたちは私たちのオフィスに集められて(もちろん袋は開けないよ)回収業者さんが来る日にスタッフみんなで回収車まで持って行っている。段ボール何十箱にもなる量なので腰が心配なスタッフもいるけど自分たちでやってるってのがエコでしょwキャンペーン中ならリサイクル1袋=500円割引クーポンになるしね。メリットメリット。

てかんじでChut!がオーガニックコットンとかリサイクルファブリックに今あまり着手してないのは私のこういう考えがあることも大きい。でもこの先もずっと続けていけることを慎重に取り組んでやっていきたいの。「サステイナビリティ=持続可能性」ですもの。できることからこつこつと。継続は力なり。だよね。

ちなみに全然関係ないけど今回のタイトルは小泉今日子の「あたしのロリポップ」を意識したってわかった人いる?w 1990年のアルバム「No.17」に収録されてる曲でパンク系のクラブイベントでのヒットチューン、Millieの「My Boy Lollipop」のカバーです。かわいい曲よ。アルバムほぼ全曲が藤原ヒロシプロデュースという全力で90'sな1枚。そのあと1992年の「Bambinator」はさらに小西康晴はじめ渋谷系の立役者みたいな人たちが軒並み名を連ねてて本当に全曲おしゃれですごいです。キョンキョンも長いなあ。継続は力なりだよね本当に。
ああまた話それたわ。さよならw

ものづくり,映画,下着

現在登録されている商品はありません。